保育士になりたい人のためのサイト

保育士ハック

保育の心理学

ワトソンとは:行動主義の【行動心理学】と【環境説】

投稿日:

 



ワトソンとは~行動主義の行動心理学を提唱した人物~

ワトソン(Watson.J.B 1878-1958)は、アメリカの心理学者。

 

心理学は意識や思考など、客観的に評価できないものを研究対象とするのではなく、客観的な行動で評価すべきものであることを主張した。

この行動主義の立場から行動心理学を提唱。人間の発達は後天的な学習や環境の影響を受け、徐々に形成されるとした。

 

 



ワトソンの環境説

発達について、遺伝的要素より環境的要素を重視した。

「発達は、生まれた後の経験という環境的な条件によって決められいく」

 

環境的要因をコントロールできれば、発達もコントロールできると考えた。

環境的な要因とは

  • 好ましい行動のあとにご褒美や賞賛、報酬が得られる
  • 好ましくない行動に対し、罰が与えられる

など、外部環境からの働きかけによって起こるフィードバックのこと。

 

この賞罰の調整とその結果によって、好ましい行動を増やすことも、好ましくない行動を減らすこともでき、結果的に行動の変容をもたらすことができる。

 

 

ワトソンの「重要ポイント」

  • 行動主義
  • 環境説

 

 

-保育の心理学
-

Copyright© 保育士ハック , 2019 All Rights Reserved.